水揚げと入札について

水揚げされた魚の選別と鮮度維持


 

活魚

相模湾で泳いでいたそのままを 

東京の築地市場など首都圏の各卸売市場に近い長井町漁港では、毎日水揚げされる多くの魚介類が活きたままの状態で取引されています。
漁船から揚げられた魚は、迅速に選別され種類ごとの水槽に入れられ、新鮮な海水と酸素で管理されております。
 

鮮魚

徹底した管理で鮮度を維持 

様々な漁船が入港する長井町漁港では、厳しい漁港スタッフの目で魚の状態をチェックしています。水揚げされた魚の状態を判断し活け締めや氷締めを行っております。水揚げされた時点で生きている魚でも、魚ごとに最適な処理をし、一番美味しい状態で皆様の食卓にお届け出来るよう徹底しております。
 
 

水揚げされた魚の取引


地方卸売市場指定長井町漁港

入札のしくみ

 当港では指定の仲買業者による入札によって価格と出荷量が決められています。入札は、基本的に天候や魚種によって午前と午後の2回行われております。

 

魚の種類と漁法

長井町漁港で水揚げされる主な魚種と漁法

長井町漁港では季節によって様々な種類の魚が毎日水揚げされております。。

当港では近隣漁港(井尻・新宿・漆山・荒井・栗谷浜)の組合漁師によって季節ごとの魚介類を水揚げしています。主な漁法は、定置網・刺し網・延縄・一本釣り・巻き網漁となっております。水揚げ量も季節によって変わりますので、旬のお魚カレンダーの長井町漁港での漁獲量と美味しい時期をチェックしてみてください。
 
 


 
定置網漁

沿岸を移動する魚の通り道に囲い網を仕掛けて、魚をとる漁法です。長井町漁港では大型の定置船から毎日10〜100トンの魚の水揚げをしています。冬から春にかけてスズキ、春から夏にかけてカツオやクロダイ、秋はカマスなどを主に水揚げしております。

 

 
刺し網漁

魚の通り道に垂直に網を仕掛けて、魚をとる大小様々な漁船で行われる一般的な漁法です。刺し網は専門的に魚種を狙えるので、旬の時期の魚を大量にとることが出来ます。
 


 
一本釣り漁

釣り竿で一匹づつ魚をとる漁法です。一匹づつ魚をとるのでキズが少なく、また一度に大量に魚をとらないので環境に優しい漁法とも言えます。長井町漁港では、通年通して行われており夏のカツオ、冬のカワハギやアオリイカ漁で盛んに行われております。


延縄漁

日本で開発された漁法で一本の幹縄に針のついた枝縄を一定間隔で取り付けた漁具を用いる漁法です。枝縄の長さは数百メートルから数キロに及ぶ事もあります。餌にする魚の大きさを調節することで、幼魚などのではない成長した魚を漁獲することが可能です。当港では冬のトラフグ漁に主に使用されております。